公益財団法人 日本無線協会  
よくある質問《無線の資格 Q&A》 4 認定講習課程のQ&A
Q1認定講習制度とは、どのような制度ですか。認定講習課程(以下「認定講習」という。)で上位の資格がとれるのですか。
Q2(公財)日本無線協会が実施する認定講習の種別、実施時期及び開催場所等はどうなっていますか。
Q3第三級海上無線通信士の認定講習課程を受講したいので、受講条件と申込方法を教えてください。
Q4認定講習課程を受講して修了試験の合否は分かったが、修了試験の自分の得点を知る方法はありますか。
Q1認定講習制度とは、どのような制度ですか。認定講習課程(以下「認定講習」という。)で上位の資格がとれるのですか。
A 一定の無線従事者資格を保有し業務経歴を有する者が、総務大臣の認定を受けた認定講習を修了すると、上位の資格と同等以上の知識及び技能を有する者として認定され、上位の資格を取ることができます。講習の科目及び時間は、資格ごとに定められており、全講習時間に出席し、講習の最後に行う修了試験に合格すれば修了証明書が交付され、免許の申請を行うことができます。
 この制度が適用される資格と業務経歴は、無線従事者に関する資料 表11のとおりです。
 当協会は、総務大臣の認定を受けてこの認定講習を行っています。
Q2(公財)日本無線協会が実施する認定講習の種別、実施時期及び開催場所等はどうなっていますか。
A 当協会では、毎年2月に次年度の実施計画を作成し、当協会のホームページに掲載するとともに関係方面に配布しております。本年度は、第三級海上無線通信士課程(一海特、二総通→三海通)及び第二級総合無線通信士課程(三総通→二総通)の2資格を予定しています。実施時期、実施場所、受講要件、受講料金等については、本ホームページの該当個所をご覧ください。
Q3第三級海上無線通信士の認定講習を受講したいので、受講要件と申込方法を教えてください。
A 次のとおりです。
(1)受講要件
 「現に第一級海上特殊無線技士の資格を有し、かつ、当該資格により船舶局の無線設備の国際通信のための操作に3年以上従事した経歴を有すること。」とされています。この経歴には、外国船籍の船舶局も含めることができます。
(2)受講申込み
 雇用船員及び船員保険任意継続加入者は、(公財)日本船員福利雇用センター訓練課に申し込んでください(TEL 03-3544-7706)。その他の方は、(公財)日本無線協会に直接申し込んでください(TEL 03-3533-6027)。
 なお、申込書は、当協会へ請求するか、当協会のホームページからダウンロードしてください。
Q4認定講習課程を受講して修了試験の合否は分かったが、修了試験の自分の得点を知る方法はありますか。
A 書面により開示請求をしていただければ、得点を開示します(有料)。
 次に掲げる事項を記載した書面を、認定講習課程を実施した当協会の事務所に提出してください。
 開示請求に要する費用は、認定講習課程の種別ごとに手数料300円が必要になります。郵送で開示請求される場合は、手数料300円と返信用の郵送料(82円)を加えた費用相当分の郵便切手又は為替を同封してください。
(1)請求者(受講者)の氏名、生年月日及び住所
(2)開示に係る修了試験の資格、試験日及び受講番号

「よくある質問《無線従事者の資格 Q&A》」で、疑問を解決できなかった方やさらに詳しい内容を知りたい方は、本部又は支部にお問い合わせください。