試験・講習の会場における新型コロナウイルス感染防止のためのお願い «New»

 新型コロナウイルスに関する注意喚起について

◆次の国家試験の申請を10月1日から10月20日まで受付けます。

・第一級・第二級アマチュア無線技士
・第三級・第四級アマチュア無線技士

◆本部で実施する11月の「第三級・第四級アマチュア無線技士の当日受付試験」は11月21日(土)に次のとおり実施します。

①試験時間

3級アマ 13:30〜
4級アマ 10:30〜

②申込要領

事前予約制とし、定員(80名)になり次第受付を終了します。

ア)申込期間

令和2年10月26日(月)〜30日(金)
AM9:00〜PM5:00

※土日祝祭日は除きます。

イ)予約方法

本部試験センターにて電話(03-3533-6022)のみで受付します。(事前予約のない方は、当日会場で受付できません)

※当日は免許申請の受付は行いません。(免許申請書の販売のみ)

※9月以降に実施する「当日受付試験」は、事前申込みが必要です。申込みの期間は、その都度ホームページでご案内します。

 

【受験における注意】

◆受験を希望される方は、こちらをご覧ください。

 

【お知らせ】

令和2年9月実施の“第一級総合無線通信士、第一級海上無線通信士、第二級海上無線通信士及び第三級海上無線通信士「法規」”の試験問題において表記に誤りがあったことについて

◆10月期国家試験の受験票は、9月18日(金)に発送しました。
(第一級〜第三級海上特殊無線技士、レーダー級海上特殊無線技士、航空特殊無線技士、第一級〜第三級陸上特殊無線技士、国内電信級陸上特殊無線技士、第三級・第四級アマチュア無線技士)

新型コロナウイルス感染防止のため、令和2年4月から7月実施予定の無線従事者国家試験は全て中止といたします。なお、感染拡大の状況により、8月以降の試験についても中止となる場合があります。

◆無線従事者国家試験手数料の改定について
 「電波法関係手数料令の一部を改正する政令(令和元年11月15日 政令第162号)」の施行に伴い、令和2年4月1日から無線従事者国家試験手数料が別表のとおり改定されます。
 なお、令和2年3月31日以前に行う申請は旧手数料が適用されます。(5月期の3・4アマ国家試験までがこれに該当します)

◆本部で開催する、一陸特(11/25〜12/3)、三陸特(10/29,11/10)、二海特(11/10〜11/11)航空特(11/17〜11/19)の募集人員は、定員になりましたのでお知らせいたします。

本部は、新たに一陸特(12/21〜12/29,1/30〜2/6)及び三陸特(12/25,1/28、2/18)、航空特(12/15〜12/17)を新たに追加して開催します。

四国支部で開催する二海特(11/25〜11/26)は、会場を愛媛県水産会館に変更し、定員を30名としましたのでお知らせします。

◆近畿支部で開催する航空特(11/4〜11/6)、一陸特(11/24〜12/3)、二陸特(11/12〜11/13)は、満員になりましたのでお知らせします。

◆中国支部が下関で開催する三陸特(11/26)の募集人員は、満員となりましたのでお知らせいたします。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、本部及び各地方支部で開催する公募養成スケジュールを変更することがあります。

※開催日の2か月前から受付

沖縄支部

・11月26日(木)
 第三級陸上特殊無線技士

実施場所(那覇)

中国支部

・12月1日(火)〜12月2日(水)
 第二級陸上特殊無線技士

実施場所(広島市)

東海支部

・11月5日(木)
 第二級海上特殊無線技士(短縮コース)

実施場所(名古屋市)

・11月9日(月)
 選抜試験(一陸特の受講資格要件を得るための
 試験)

実施場所(名古屋市)

・11月17日(火)〜18日(水)
 第二級陸上特殊無線技士

実施場所(名古屋市)

・12月1日(火)〜10日(水)※土、日を除く。
 第一級陸上特殊無線技士

実施場所(名古屋市)

本部

・12月21日(月)〜12月29日(火)及び
 1月30日(土)〜2月6日(土)
 第一級陸上特殊無線技士

実施場所(東京中央区)

・12月19日(土)及び1月29日(金)
 選抜試験(一陸特の受講資格要件を得るための
 試験)

実施場所(東京中央区)

信越支部

・12月1日(火)〜2日(水)
 第二級海上特殊無線技士

実施場所(新潟)

主任無線従事者講習

 本部(東京中央区)では、11月27日(金)に実施する「令和2年度主任無線従事者講習」の受講申込を受け付けます。

 

【お知らせ】

◆主任無線従事者講習

 新型コロナウィルス感染防止のため、令和2年5月及び6月に実施予定の主任無線従事者講習は中止致しました。
 なお、この中止に伴い、総務省告示(主任無線従事者の講習の期間の特例を定める件)の改正により、平成27年5月から同年8月までに実施された主任無線従事者講習を受けた者は、その受講期限(5年以内)を延長し、本年12月31日までの受講が可能となりました。

【お願い】

無線従事者の免許申請を行う際に、「氏名及び生年月日を証する書類」として、「住民票」を提出する場合には、個人番号(マイナンバー)が記載されていないものをお願いします。

日本無線協会の概要 事務所案内 お知らせ 関連サイト サイトマップ 求人情報