公益財団法人 日本無線協会 総務大臣指定試験機関・指定講習機関

主任講習・訓練・研修等

トップページ 主任講習・訓練・研修等 無線従事者フォローアップ研修

無線従事者フォローアップ研修

1 無線従事者フォローアップ研修とは

 令和2年12月に無線従事者規則(第47条)が改正され、免許証の交付を受けた者(無線従事者)は、最新の知識及び技術を習得するよう努力義務規定が追加されました。
 当協会は、無線従事者国家試験の唯一の国の指定執行機関として、無線従事者規則の改正の趣旨を踏まえ、本年度から無線従事者を対象としたフォローアップ研修を開始することとしました。
 近年の情報通信技術(ICT)を取り巻く環境は目まぐるしい勢いで変化しており、特にワイヤレス分野では取得した知識の陳腐化が早いため、常に最新の知識にアップデートすることが重要です。協会では、当該研修の実施にあたり研修内容を適宜見直し、最新情報が提供されるよう対応していく予定ですが、受講者の皆様には3年毎に研修受講されることを推奨します。

2 研修内容等

 研修は、各分野の第一線でご活躍されている専門家を中心とした講師により、最新の法令や工学等について研修を行い、受講された方には「修了証」を交付します。
 令和3年度事業は、10月14日(木)及び15日(金)、11月16日(火)及び17日(水)、東京晴海(本部)において、それぞれ2日間の日程で実施する予定です。
 募集の詳細は別途ホームページに掲載する予定ですが、募集定員はそれぞれ100名程度とし、無線従事者資格の種別は問いませんが、10月の研修は主に電気通信事業に従事する者を対象にした研修カリキュラム、11月の研修は主に放送事業に従事する者を対象にした研修カリキュラムを実施する予定です。
 研修カリキュラムについて、法令関係では、電波法の他、サイバーセキュリティ基本法、個人情報保護法の3分野、工学関係では無線工学の他、IoT技術、セキュリティ技術、最新の無線技術の3分野を予定しています。

  1. 主任講習・訓練・研修等
    1. 主任無線従事者講習・認定講習・認定新規訓練・無線従事者フォローアップ研修についてのFAQ
    2. 無線従事者フォローアップ研修