公益財団法人 日本無線協会 総務大臣指定試験機関・指定講習機関

IoT・AI時代に向けて
日々進化する電波利用
ライセンスの取得が
あなたの未来をひらく
IoT・AI時代に向けて
日々進化する電波利用
ライセンスの取得が
あなたの未来をひらく

国家試験 最新情報

  • お知らせ
    ◆次の国家試験の申請を4月1日から4月20日まで受付けます。
    各級特殊無線技士
    第三級・第四級アマチュア無線技士
  • 当日受付試験
    本部で実施する4月の「第三級・第四級アマチュア無線技士の当日受付試験」は4月18日(日)に次のとおり実施します。
    ①試験時間
     3級アマ 13:30〜
     4級アマ 10:30〜
    ②申込要領
     事前予約制とし、定員(80名)になり次第受付を終了します。
    ア)申込期間 令和3年4月5日(月)〜4月9日(金)
      AM9:00〜PM5:00 ※土日祝祭日は除きます。
    イ)予約方法
     本部試験センターにて電話(03-3533-6022)のみで受付します。(事前予約のない方は、当日会場で受付できません)
    ※当日は免許申請の受付は行いません。(免許申請書の販売のみ)
    ※令和2年9月以降に実施する「当日受付試験」は、事前申込みが必要です。申込みの期間は、その都度ホームページでご案内しています。
  • お知らせ
    4月期国家試験の受験票は、3月16日(火)に発送しました。
    (第一級〜第四級アマチュア無線技士)

養成課程 最新情報

  • 共通のお知らせ
    ◆各地域の最新情報については、地域名のボタンを選択することによりご覧になれます。
    ◆令和3年4月からの養成講習(公募)の開催予定を掲載しています。
     (本部(関東)北海道東北信越北陸東海近畿中国四国九州沖縄)
    ◆令和3年4月からの養成講習(受託)の案内を掲載しています。
    ◆新型コロナウィルス感染拡大防止のため、本部及び各地方支部で開催する公募養成スケジュールを変更することがあります。

主任従事者講習・認定講習・新規訓練 最新情報

無線従事者が活躍する分野

スマートフォンや無線LAN、ドローン、地上デジタル放送、衛星放送など、私たちはさまざまなシーンで毎日電波を利用しています。 また、旅客機や鉄道、船舶などの公共機関の安全運行のためにも電波が利用されており、携帯電話会社、放送局、航空会社、鉄道会社などの第一線では、電波利用のプロフェッショナルである「無線従事者」が働いています。

実現が期待されている自動車や農業機械の自動運転、生活支援ロボットなど電波の利用はますますに進化しており、IoT・AI時代の重要なインフラ(基盤)を守る無線従事者への期待は益々高まっています。 さあ、あなたも無線従事者のライセンス取得にチャレンジしてみませんか。

無線の資格

無線従事者の資格は大きく分けて、海上、航空、陸上、アマチュア及び総合の5つの分野に分類され、計23の資格があります。
あなたの目標に合った無線従事者の資格をめざしましょう。

  • 無線従事者国家試験の電子申請 - インターネットからの申請はこちら
  • 国家試験年間スケジュール